泉中央で気軽に鉄板焼きを食べたいならここ!田中トリオ テイクアウトもあるよ

みなさん鉄板焼きってどう思いますか?私は高級なイメージがあり、気軽に食べられないと思っていましたがそんなことありませんでした。
泉中央にはリーズナブルな値段で鉄板焼きが楽しめるお店がありました!
先日記事にも上げた田中んちパート2の系列店、田中トリオです。

先日の記事はこちら

田中トリオとは

田中トリオとは、泉中央駅近くにある鉄板焼きメインのお店です。
ホルモンやタンなどの焼肉系メニューから目玉焼き、チャーハンまでいろいろ焼いてくれます。

田中トリオ 餃子
田中トリオ チャーハン
田中トリオ タン

上から餃子580円、チャーハン680円、タン480円(いずれも税込み)です。
餃子は肉がみっちり入っていて食べ応えあり。
チャーハンは鉄板の火力でパラパラに仕上がっています。目玉焼きが乗っていて贅沢な仕上がりです。
タンは柔らかく焼き上げてあり、ザクザクとした食感と肉のうまみを感じられます。
右に添えてある真っ赤な辛味をつけて食べると箸が止まらない味わいです。
値段もリーズナブルでちょい飲みや2軒目にピッタリです。

場所はこちら

泉中央駅から歩いて行けますし、冒頭にリンク貼った田中んちパート2とハシゴするというのもよいと思います。
あまり広いお店ではないので、店内で飲むなら予約しておいたほうが良いです。
カウンター席が6ぐらいにテーブルが少々。少人数向けのお店です。
300円からメニューがあるのでとてもお財布にやさしいですよ。

お店のHPはありませんが、インスタグラムでメニューや営業に関する情報を発信しています。
お店のインスタグラムはこちら

田中トリオでテイクアウト

テイクアウトメニューはお店の外に貼ってありますが、上記のインスタグラムに載せているのでそちらをみて電話で予約しておいたほうが無難でしょう。
直接来店して注文してもいいのですが、調理時間中待つのはちょっと手持無沙汰ですよね。
今回はおでんと上タンをテイクアウトしてみました。

おでん並盛

田中トリオ おでん

おでん並盛 580円(税込み)
具は豆腐、ちくわ、油麩、大根、がんも、たけのこ。出汁もたっぷり入れてくれましたが少しこぼしてしまいました、本当はもっとたくさん汁が入っています。
上に魚粉がかかっていて風味をプラスしてくれています。
上に乗っている三つ葉は見た目がよいですね。

具はどれも味がよくしみていておいしいです。
ダシがしっかりひかれているのでうまみが強く、塩味は薄めなのですが後をひくおいしさです。
大根は箸で簡単に切れるいわゆるおでん屋さんの大根です。
卵が入っていないのが残念、具は日替わりのようです。次回は卵お願いしようと思います、おでんといえば卵ですよね!
そしておでんにはからしがつきものだと思っています、自宅に練りがらしがあればぜひ添えてください、おいしさがワンランク上がります。

ちなみにこのおでんのつゆを入れたポテサラがおいしいです。飲み残しのつゆだと衛生的に問題がありそうなので、初めに少しつゆをとっておきましょう。というか取っておかないとつゆ全部飲んでしまいます、私がそうでした。
つゆの水分で口当たりの良いポテサラになりますのでぜひやってみてください。
普通にポテサラを作って少しずつつゆを注ぎながら混ぜていくだけです。
市販のポテサラだとすこし緩めなのでつゆを足すときに注意してください。

上タン

田中トリオ 上タン

上タン 480円(税込み)
厚めのタンが3枚に漬物付き。
おそらく漬物は業務用スーパーで売ってそうなやつです。
たけのこの皮がしきりとして入っていますがこれは食べなくて大丈夫です。

家に帰るころには冷めていたのですが、電子レンジで温めても硬くならずに柔らかなままでした!素材がよいのでしょうか、それとも焼き方なのでしょうか?牛タン専門店にも負けない仕上がりです。というか焼いた人は専門店出身です。そりゃうまいわ。
漬物も箸休めにありがたく、口の中をリセットしてくれます。こういうのがあるとうれしいですよね、ちなみに私は柴漬けが漬物の中で一番好きです。

2つで1060円とだいぶコスパが良いです。飲み物買っても2000円で十分おつりが来そうです。テイクアウトってありがたいですね。

季節の品

田中トリオ イカと春キャベツのゴロ焼き

春キャベツのゴロ焼き780円(税込み)
ぶつ切りにしたイカをイカの肝と和えて炒め、軽く火を通した春キャベツを混ぜた品です。

ゴロ焼きっていう名前を知らなかったんですが「ゴロ」が内臓を示す言葉なんですね、北海道とか青森でよく食べられている料理のようです。
内臓と足を胴体に詰めて焼くのがメジャーらしい。
イカとしてはえらいことしてくれたなって思うでしょうね。
このイカの肝がめちゃくちゃいい味出してるんです、いい加減の塩味と風味が癖になります。
イカのエキスがめっちゃ出ているのですが、そのエキスを春キャベツが吸ってご飯のおかずとして仕上がります。主役はキャベツかと思わんばかりの仕上がりです。
普通のキャベツじゃなくて春キャベツっていうのがまたいいですね、
春キャベツは歯ごたえがあって火を通してもそれなりに食感が残るので食べていて楽しいです。

しかしイカの肝なんて子供のころは全く食べたくなかったなあ、大人になるってのは不思議なものです。イカの肝は家であまり食べないと思うので、見聞を広めるためにも食べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

鉄板メニューはどれもアツアツでコスパ良好!
テイクアウトなら保温バッグは必須、おでんは汁こぼれないよう注意!

いかがでしたか、田中トリオのテイクアウト情報でした。
最近は週末のみの不定期営業だったようですが、これからは毎日営業するようなのでお近くの方はぜひ、遠くの方もテイクアウトに挑戦してみてください。

テイクアウトのタンと店内でのタンの写真を比べてもわかるように、ちょっとしたトッピングやら添え物が店内とテイクアウトでは違うようです。そもそも出来立てが圧倒的においしいですから店内で食べるのがが間違いなくお勧めです。早くコロナが終息して、気兼ねなく食べに行けますように。
訪問前にはインスタグラムで営業時間などチェックしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました