下町酒場 くとくに行ってきました

泉中央駅付近には飲み屋街があり、私もよく通っていましたが最近は足が遠のいておりまして・・・
新規店の開拓なんてさっぱりでしたのでちょいと足をのばしてみました。

下町酒場 くとくとは

泉中央駅からも八乙女駅からも程よく離れた場所にある小さな居酒屋。
オープンは2020年夏ごろでしょうか。
カウンター6席にテーブルが2つ、奥には座敷もあります。

お若い店主さんがひとりでやっているので切り盛りは大変そうですが、個人店ならではのゆるさに期待ができそうです。

下町酒場 くとくのおすすめメニュー

とりあえずビールを頼んだ後、おすすめメニューを教えてもらい注文。

やわらか煮豚(600円だったかな…?)
いろいろつまみたかったのでハーフにしてみました。こういう融通が利くのは個人店の強みですね。

名前の通り柔らかく煮込まれて味のしみた豚です。
脂身の多いバラ部分と赤身の多いロース部分が入ってます、どっちもおいしいけど豚は脂がうまいね。

下町酒場 くとくの定番メニュー

お刺身の盛り合わせ。メニューに書いてあるのは2人前で3点1380円とか5点1580円とかそんな感じ。
今回は一人分で適当にやってもらいました、たぶん780円ぐらい。

びんちょうまぐろ、はまち、きんき、サーモンとかそんなラインナップだったような気がしますが忘れました。サーモンの油が濃厚でよいお刺身です。
なんか少ないように見えるのは食べかけだからです、ごめんね。

鳥おび肉の天ぷら600円ぐらい。
おび肉ってあんまり聞いたことないですね、鳥の内もものあたりだそうです。
調べたらファミマの焼き鳥にありますね。

食べると非常に柔らかく、深みのある味わいです。
ジューシーさを感じますがこれはおそらく塩麹の力か?それともおび肉がそういうものなのか?
わからないまま終わりました、でもうまい。

ちなみにごはん味噌汁のセットもあるので、お刺身定食とか煮豚定食なんてものもできます。
お酒なしでごはんだけ食べに行ってもよさそうですね。

締めのラーメンが最強過ぎた件

居酒屋で飲んだ後はラーメン食べたくなっちゃう人が多いと思いますが、ここは締めのラーメンまで用意されているのでハシゴしなくていいです、まっすぐ帰りましょう。

ちゃんとスープも自前で用意した本格的なラーメンです。麺も自家製麺っぽい。
煮干が強めのスープで、食べ応えのある麺とよく合ってます。
なんかどこかで食べたことあるような麺とスープ…あの店に似ていますね。
乗っているチャーシューはさっきの煮豚です、少し甘めの味付けが煮干しスープと合わさって良いです。
このクオリティでたしか500円だったような…おかしくない?

すっかり忘れていたお酒の話

ラーメンの画像に映り込んでいるジョッキはハイボールなのですが、ここの飲み放題はなんかちょっとおかしいです。
ハイボール、サワー飲み放題が90分で1000円しないという破格の設定。
ハイボールしか飲みませんでしたがマシンから直で出てくるのでその時のノリで薄くなっちゃうとかそういうことは一切ないです。
お酒じゃなく食事で利益を出すスタイルのようですね。

まとめ

めっちゃコスパいいです。お会計は4000円ちょっとでした。
料理もおいしく、融通も利くしハイボール安いし。
お酒飲まない人は定食も食べられるという何でもありのお店。

惜しむらくはアクセスの悪さ。近所にあったら通うよこりゃ。
アクセス悪いからこそのサービスなのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました