千極煮干の限定「濃厚エビ」を食べました

以前記事にしたラーメン屋さん、千極煮干を再訪しました。
ツイッターをフォローしていたのですが、マメに限定のお知らせとリツイートキャンペーンをやって頑張っているのをみて再訪。

千極煮干しについてはこちらの記事も参照ください。

限定麺「濃厚エビ」

エビといえば独特の風味があり、殻からはいいダシがでるんですよね。
濃厚エビという単語からはドロドロスープが想像できます。
今は亡きヘルズキッチンのアルティメッ豚骨エビのような…あれは無理か。

どーん。
濃厚エビ880円。
リツイートのキャンペーンで右側の豚ナンコツが追加されています。これめっちゃお得ですね!

丼から立ち上るエビの香り。上に乗っている干しエビは効果があるのかないのかわかりませんがうまそうです。

スープを一口、エビです!エビの大群です!
多少どろっとしたスープからはこれでもかといわんばかりのエビ風味が襲ってきます。
でも決して臭くない、甘みもそこまでではなく、エビのいいとこがうまく出ています。
前回の煮干もそうなのですが、このお店は圧倒的な素材のパワーで戦うスタイルなのでしょう。
それが分かれば淡麗などという甘っちょろいものを頼まず濃厚を頼むべきですね。
次回は濃厚煮干かニボGを食べようと思います。

そして麺はピロピロのちょい太麺、スープが絡んでいい感じ。
具のナンコツもチャーシューも大変柔らかくそれでいてジューシー、繊維がほぐれて肉のうまさが感じられます。ここの肉はどれ食べてもおいしいですね。唐揚げの話も聞きますがなかなか出会えません…。

トッピングというか付け合わせというか・・・

ラーメンが来る前にそっと提供されるのがこちら。

みじん切りタマネギとフライドオニオン。
味変用としては大変メジャーで、効果は保証されているものなのですが…

量が少ないね。特にフライドオニオンはもうなんか食べ残しレベル。
コスト的に難しいのかもしれませんが、これならどちらかだけあるいは無しでもいいのでは?
これ出されても逆に困ってしまいます。

その他気になったこと

店員さんの動きはキビキビしていて良いのですが、店長さんに対する対応がビビっているというか圧をかけられているというか…
水を飲むときでも「お水いただきます」
飲み終わったら「お水ごちそうさまでした」
そこまで言わんでもいいんじゃないかと思ってしまいました。

まあ個人の感想ですし別に直してほしいとかはないのですが、見ているこっちが少し気になってしまいました。

でも味はとても良いことが判明したので今後もちょいちょい食べに来ようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました