千極煮干でニボG食べてきました

初回は酷評だったけどだんだんハマりだしている千極煮干にまた行ってきました。
今回は限定のニボGです。値段は忘れました。

千極煮干については過去記事を参照ください

Gってなによ?

ニボGといわれてもなんかよくわからない方はまだいらっしゃるのでしょうか。
G系とはかの有名な「ラーメン二郎」のような野菜どっさりせ油ガッツリなラーメンのことです。
Gはガッツリを指す説と二郎を指す説がありますが二郎だったらJちゃうんかとかいろいろ思う所はあります。
でもガッツリ系はすごくかっこ悪いのでいやです、二郎起源説を推しておきます。

ニボG実食

どーん。

これはこれはボリュームたっぷりですね。
手前のお肉はデフォルトで乗っていますが、奥のお肉はキャンペーンでおまけしてくれたバラチャーシューです。
千極煮干のtwitterをフォローしていたら、期間限定でバラチャーシュー2枚追加しますとDMがきたのでまんまと釣られてやってきたというわけです。

肝心のお味は煮干が濃いわけでもなく、肉と魚のバランスが取れた完成度の高いラーメンでした。
気になるのが上に乗っているドロドロした何か。
どうやら煮干しペーストのようです。だしを取った後のペーストなのか、えぐみはそれほどでもなく、煮干しの風味をプラスする役割があります。
個人的にはこのペーストの有無はどっちでもいいかな。あってもおいしいし無くてもおいしいです。
好みがあるので最初から溶かさず、味に変化をつけて食べたほうがいいかもしれませんね。

ところでこの煮干しペースト、尿酸値あがりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました